エレベストポーカーが日本語対応しなくなりました

エレベストポーカーが日本語対応しなくなりました。

思ったよりも早くエレベストポーカーのシステム変更が進みましたね。
今まで無料でいい練習の場でしたので非常に残念です。

ただ、エレベストポーカーの方からなんの連絡もなく
一方的にシステム変更でユーザー無視の態度に腹が立っています。

日本語対応ならいいのですが、日本語に対応していない。

システム変更なので、日本人ユーザーの事をあまり気にしていない
みたいなので、私もJBETポーカーに移動する事にしました。

エレベストポーカーには、練習の場を提供して貰い感謝していますが、
あまりの対応で、とても残念です。

JBETポーカーは、多分無料モードがないみたいなので、早速100ドル
入金してみました。

このブログのタイトルのようにこれから実践体験していきます。

念の為に入金した証明じゃないですが、画像も見せますね。

次回からリアルマネーでの実践体験をお届け出来ると思います。

JBETポーカー 無料登録はここ

ポーカーでアメリカンドリーム

2,500円をポーカーで3.2億円に増やしたオトコがいるのを
ご存知でしょうか?

ポーカーにはいろいろな種類があり、日本で一般的に知られているのは、
まず5枚のカードがそれぞれ配られ、不要なカードを選びそれらを交換、
交換後の手役を競うタイプ。

これはドロー(Draw・引く、交換する)ポーカーと呼ばれています。

単に運まかせのギャンブルと捉えられてきたポーカーですが、
ここ数年で随分と様変わりしています。

近年、欧米を中心にプロプレイヤーが活躍。

中には、年収1億円を超えるプロプレイヤーもいます。

日本では、あまり馴染みがありませんが、世界各国では、
ポーカーはプロスポーツのような扱いになりつつあります。

カードスポーツとしての地位を確立し、世界は空前のポーカーブームを
迎えているのです。

ブームの火付けとなるストーリーは数多くあるけれど、
もはや伝説になりつつあるストーリーがあります。

2003年、年に一度アメリカのラスベガスで開催される
世界最大のポーカートーナメント大会、ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー
(World Series Of Poker、通称WSOP)で、アメリカ人のクリス・マネーメーカー氏が
たったの2,500円ほどの参加費で参加した予選を勝ち抜き、
一人あたり参加費100万円の本選に出場、そして本選でも優勝を遂げ、
なんと賞金400万ドル(推定3.2億円)を手にしてしまったのです。

まさに現代のアメリカンドリームですよね。

この2,500円をポーカーで3.2億円に増やしたオトコのストーリーは、
たちまち第二のクリス・マネーメーカー氏、ポーカーミリオネアを目指せと
ポーカーに脚光があたるきっかけになったことは間違いありません。

いま現在世界中のカジノで大小様々な大会が開催されています。

実は、日本人も密かに参加しているのです。

このクリス・マネーメーカー氏が優勝した世界大会でプレイされた
ポーカーゲームが「ホールデム(Hold’em)」。

アメリカのテキサス発祥とされることから「テキサスホールデム」と呼ばれています。

そのシンプルなルールがうけ、今では世界各地で大きな世界大会がこのルールで多数開催。

その都度、数多くの人がポーカーでアメリカンドリームを成し遂げています。

テキサスホールデム ルール

テキサスホールデムがポーカーブームを引き起こしたきっかけになりました。

ルールはシンプルですが、奥が深いため、一番の人気を誇ります。国際大会な
どでもテキサスホールデムの大会が一番多く存在します。

海外のリアルカジノのトーナメント賞金などは、
1億円を超えるものも存在するみたいですね。

日本では、あまり馴染みがありませんが、世界中にプロのポーカープレイヤーが
たくさんいて熱い戦いをしていますよ。

テキサスホールデムは麻雀と同じようにスキルゲームになりますので
戦略で勝敗が左右されるゲームになりますのでルールはしっかり
頭に入れてプレイすることをおすすめします。

【ゲームの流れ】
まずゲームの流れを言いますと、2 つのカードが各プレイヤーに配られます。
さらに、全員が共有する「コミュニティーカード」というカードが5 枚順番に
表向きで配られます。

自分の2 枚のカードと、コミュニティカードから、一番良いカード5 枚を使っ
て、「役」をそろえて、一番強い役を持っている人が勝ち!というゲー
ムです。
役については、日本で一般的なポーカーと同じです。

例えば、コミュニティーカードの5 枚が以下だったとします。
A 2 4 J 6

あなたの手持ちカードが、
A と3だった場合:A のワンペアが完成します。

A と4だった場合:A と4のツーペアが完成します。

3と5だった場合:A,2,3,4,5,のストレートが完成します。

A と3だった場合:役がそろっていないので、A のハイカードになります。

他のプレイヤーがあなたより低い役であれば、あなたの勝ちで、全員が賭けた
金額(ポット)をもらうことができます。

あなたと同じ役を持っている場合は、役のカードの強さで判定します。

(例:Kのワンペアは、Q のワンペアより強い)、もしくは、役がまったく同じ強さであ
れば、その他カードの強さで判定します(例:KK254よりKK54A が強い)。

これでも判定がつかない場合は、「チョップ」と言い、引き分けになります。

概要ルールがわかったところで、実際のゲームがどのような流れで進むかを説
明します。

1ゲームは、プリフロップ、フロップ、ターン、リバーと呼ばれる4 つの構成
に分かれていまして、4 段階に分けてカードが徐々に開示されていきます。

ここで、文章にすると難しく感じやすいのですが、
実際にプレイすればすぐになれますので、流れだけ掴んで下さいね。

①テーブルで座っているプレイヤーの中から、「ディーラー」(親のようなもの)
を決めます。各プレイの後に、前回ディーラーだった人の時計回りに隣の人が
次はディーラーになります。

②ディーラーの時計回りに隣のプレイヤーがゲーム参加料の半額(スモールブ
ラインド)をまずはベットします。そしてディーラーからさらに時計回りに2
人隣の人は、ゲーム参加料の全額(ビッグブラインド)をベットします。これ
らプレイヤーは必ずこの時点で強制的にこの参加費を支払わないといけません。

③各プレイヤーに2 枚のカードが裏向きで配られます。各プレイヤーが自分の
カードを見て、戦略を決めます。
④まだコミュニティーカードが一切開かれていませんが、この時点で、最初の
ベットする機会が訪れます。上記ビックブラインドを支払った人の隣の人から
順番にベットしていきます。ベットには、以下の三つの選択肢があります。

・参加費用(ビッグブライドと同額)をベットしてゲームに参加する(コール)。

・カードを捨てて、ゲームから降りる(フォールド)。降りた場合は、ゲームに参加しません。

・参加費用の2 倍以上の金額をベットする(レイズ)。

一度誰かがレイズをしましたら、その人以降の人は、そのレイズした金額と同
額を払うか(コール)、降りるか(フォールド)をしないといけません。すでに
ベットした人も、そのレイズした金額と同額になるまで、ベット額を追加しな
い限り、降りないといけません。

もしくは、誰かがレイズした後に、さらに高い金額をベットする(リレイズ)
することもできます。

⑤全員が降りるか参加するかを選択した後に一度全てのベットされた金額を真
ん中の賞金プール(ポット)として集めて、次の「フロップ」に進みます。

簡単に説明するとコールが同額の参加費でレイズが倍がけでフォールドが
降りる事になります。

この3つの言葉だけ理解していれば問題ないと思います。

※注目!
この時点で絵札がそろっていない3と6などのカードであった場合、あまり
よい役がそろえることができないので、フォールドを選ぶことが無難でしょう。

逆に、K とA などのカードがきた場合には、強気にレイズなどをしてもいいで
しょう。10 と10 などのカードがきた場合も、すでにワンペアがそろっている
ため、強いとされます(このような状態を「ポケット」と言います)。

[フロップ]
①フロップでは、テーブルの真ん中に3 枚のカードが表向きに配られます。こ
れがコミュニティーカードと言い、みんなが共有するカードです。

②この時点で二度目のベットする機会が訪れます。ディーラーの隣の人から時
計回りに、一人ずつベットの機会が与えられます。
・何も追加ベットをしない(コール)。
・追加でベットする(レイズ)。レイズする場合は、ビッグブライドと同額以上
をベットする必要があります。
誰かがレイズをしましたら、前回と同様で、レイズした金額と同額を出すか、
フォールドをするか選択しないといけません。

③全員が降りるか参加するかを選択した後にベットされた金額を真ん中の賞金
プール(ポット)に追加して、次の「ターン」に進みます。

※注目!
基本的には、強い役がそろったか、そろいそうな人がレイズをして、自信がな
い人が徐々にフォールドしていきます。しかし、強い役がないか、何もそろっ
ていないのに、レイズして周りをフォールドさせようとする嘘をついている人
もいるかもしれません。このように嘘をついてハッタリをかましている状態を
「ブラフ」と言います。

ブラフで勝つとめちゃくちゃ気持ちがいいのですが、あまり上手くいかない事も
多々あるので、注意して下さい。

①ここでもう一枚テーブルの真ん中にカードが表向きで置かれます。これもコ
ミュニティーカードで、4枚目のカードで全員が共有します。

②三度目のベットする機会が訪れます。やり方はフロップと同じです。

③全員が降りるか参加するかを選択した後にベットされた金額を真ん中のポッ
トに追加して、次の「リバー」に進みます。

[リバー]
1 後のコミュニティーカードがテーブルに置かれます。
これで、5枚目のカードになります。

②最後のベットの機会が訪れます。やり方はフロップやターンと同じです。

③全員が降りるか参加するかを選択した後にディーラーの隣のプレイヤーから
時計回り順に手元のカードを開いていきます。一番高い役を持った人が勝って、
ポットの金額を持っていきます。ポットの金額からは、「レーキ」と言い、その
サイト運営者が手数料を取ります。残った金額が勝者のものになります。

これがゲームの基本ルールと流れになります。

次は、前回のディーラーの時計回りに隣の人がディーラーなり、ゲームが行わ
れます。

ディーラーと言っても特別何かある訳ではないので、ご安心してプレイして下さい。

たまに初心者らしき人が、自分がディーラーになるから
席を離れてしまう方がいますので、念の為にお伝えしときます。

オンラインポーカーに興味のある方は、リンクとバナーを貼りますので確認してみて下さい。

JBETポーカー 無料登録はここ

オンラインポーカーは奥が深い

先日連勝して3000チップほどチップを増やしたのですが、

またまた連敗して700チップまで減らしてしまいました。

ハマると一晩中でも出来そうなぐらい面白いですが、
やっぱり勝てません。

オンラインポーカーのメッカ エベレストポーカーでは、
平日の夜でも約5000人ぐらいの人が、世界中から参加しています。

やはり上手い人は、プラフもうまく使っています。

日本でポーカーといえば、5枚カードが配られて、
その手札を隠す方式でプレイすることが多いです。

この方式をクローズド・ポーカーと呼んでいますが、
実は世界ではクローズド・ポーカーではなく、
テキサスホールデム、オマハなどの形式が最もポピュラーで
人気のゲーム形式となっています。

■オマハ
オマハポーカーはテキサスホールデムポーカーと似ているので、
まずはテキサスホールデムのルールを覚えましょう。
オマハポーカーは、テキサスホールデムと以下のところが異なります。

・プレイヤーは2枚ではなく、4枚の伏せられたカードを受け取ります。

・手元に受け取った4枚のカードから2枚、
そしてコミュニティカードから3枚を使って一番強い5枚をそろえます。
必ずこの組み合わせで役をそろえる必要があります。

■テキサスホールデム
2つのカードが各プレイヤーに配られます。
さらに、全員が共有する「コミュニティーカード」というカードが
5枚順番に表向きで配られます。
自分の2枚のカードと、コミュニティカードから、
一番良いカード5枚を使って、「役」を作り、
一番強い役を持っている人が勝ち!というゲームです。

役は、日本の通常ポーカーと同じになります。
私が今ハマっているのが、テキサスホールデムで最大10人でプレイ
出来ますので、勝つとでかいです。

オンラインポーカーに興味のある方は、リンクとバナーを貼りますので確認してみて下さい。

JBETポーカー 無料登録はここ

オンラインポーカーは面白い

オンラインポーカーは本当に面白いですね。

まだ初心者なので、無料モードで練習中なんですが、
初めは、本当に勝てませんでした。

200チップスタートのチップもすぐなくなってしまいひどいと
1ゲームでなくなってしまうぐらいでした。

約10回ぐらい無料チップを使った所だんだん勝てるように
なってきました。

勝つとでかい時は、1000チップぐらい一発で増えるので
連勝して3000チップほどまで増えてきました。

チップが増えるとプラプもけっこう効いてブタで500チップ勝った時は
本当に熱いゲームだと思いました。

まだ、無料ゲームなのでなんとも言えませんが、
これが、リアルマネーならかなりやばいですね。

世界中には、プロのポーカープレイヤーもたくさんいるみたいなので
本当に奥の深いゲームだな思いました。

何千万も稼ぐプロのポーカープレイヤーもたくさんいるみたいだから
日本だと将棋みたいな物なのかな?

オンラインポーカーに興味のある方は、リンクとバナーを貼りますので確認してみて下さい。

JBETポーカー 無料登録はここ

オンラインポーカー実践体験

いま世界中で大人気で日本でも密かにブームになりつつあるオンラインポーカーをご存知でしょうか?

オンラインでリアルマネーを賭けて数人で対戦するゲームになります。

日本では、一般的に5枚配るポーカーが一般的ですが、テキサスホールデムやオマハポーカーがメインになっていきます。

ルールなどは、おいおい紹介していきますが、昨日始めてオンラインポーカーにチャレンジしたところあまりの面白さにこのサイトを立ちあげてみました。

リアルマネーでポーカーなんて違法では?と心配される方もいると思いますが、海外でちゃんと認可のとれているオンラインポーカーは、
日本人がラスベガスやマカオなどの海外のカジノで遊んでも何の問題がないように、海外運営のオンラインポーカーも違法性はありません。

私もテキサスホールデムは初心者になりますので、初めは無料モードで遊んでいますが、
慣れてきたらリアルマネーを賭けていこうと思っています。

大人気のオンラインポーカーはエベレストポーカーになりますが、
ここは、今の所完全日本語対応ですが、近いうちにシステムの
変更がある予定らしく日本語対応しなくなる予定みたいです。

エベレストポーカーは、無料モードもあり非常に優良な
オンラインポーカーでしたが、残念です。

他の日本語対応のオンラインポーカーは、JBETポーカーになりますので私は、両方登録してみました。

オンラインポーカーに興味のある方は、リンクとバナーを貼りますので確認してみて下さい。

JBETポーカー 無料登録はここ