オハマポーカーで挽回

先日60ドル入金して30ドル負けましたが
今回は逆に35ドル勝ってしまいました。

だんだんコツを掴んできた感じです。

オハマポーカーの情報商材を買って失敗したなと
思って作者にクレームのメールもしましたが、
だんだん勝てるようになってきました。

作者の方ごめんない。

商材を5回読んだらやっと少し理解出来た感じです。

テキサスホールデムの一番低いレートでは、みんな
ちまちま賭けて物足りなくなってしまいました。

ただ、レートを上げると強者もいますので
なかなか勝つのもむずかいのですが、
オハマポーカーでは、一番低いレートでも
けっこうみんな賭けてきます。

なかなか熱い戦いが楽しめます。

私の場合は、一番低いレートでは、少し物足りなくなり
2番目のレートをメインで今プレイしています。

やはり少し勝てるようになると本当に面白いですね。

世界中でポーカーブームになっているのが、
理解できます。

日本では、麻雀の方が圧倒的にユーザーが多いと
思いますが、私は、あまり麻雀が得意ではないので、
オンラインポーカーは本当に面白いです。

そう言えば、麻雀のオンライン賭け麻雀もあるのを
ご存知ですか?

私も登録して入金していますが、やはりあまり
麻雀が得意では、ないので負け続きですが、
麻雀が得意な人は、チャレンジしてみるのもいいと
思いますよ。

いちようオンライン賭け麻雀のサイトもリンクしますね。

無料ゲームもできますので暇つぶしにはいいかもしれませんね。

DORA麻雀 無料登録はここ

オンラインポーカーで今までエベレストポーカーで
プレイしていた人で、日本語対応しなくなって
移民したい人は、ここJBETポーカーが絶対おすすめです。

ポーカー始めて約1ヶ月でだいぶ勝てるようになってきたので
楽しくて仕方ありません。

JBETポーカー登録はここ

ポットリミットオマハが熱い

最近はテキサスホールデムをあまりやらなくなりました。

それは、オハマポーカーが熱いからです。

少しずつ勝てる様になり調子に乗ってレートの高い所で
勝負してみました。

20ドルスタートのレートで30分もしないで20ドル
持っていかれてしまいました。

このレートはまだ私には早かったようです。

資金がほぼ0になったのでまた、入金しました。

今回は60ドルです。

その資金で今度は、下から2番目に低いレートで
勝負した所開始30分ぐらいで20ドルプラスになり
一時間後には、20ドル負けプラマイ0です。

その後約1時間後マイナス30ドルになってしまいました。

少しずつ勝ちを積み上げてもオールインで
ほとんど負けてしまいボロ負けです。

その間にも4ドルスタートで20ドルぐらい
貯まる事もありましたが、少しの差で負ける始末です。

例えは、フラッシュでキングとエースの差とかで
負けてしまいました。

運的要素もありますが、ここでフォールドしとけば
痛い目に合わずにすんだ場合やその逆でコールすることで
意外な手で勝つこともありました。

ポットリミットオマハは確かに熟練者が少ないようですね。

これは、訓練しだいで本当に勝てるようになりそうな
気になってきました。

ポットリミットオマハが面白い

オハマポーカーで散々負けていましたが、
少しずつ勝てるようになってきました。

ポットリミットオマハは少し複雑で初心者には、
少しむずかしいのかもしれませんが、その分初心者も
多いのだと思います。

私がきずいた事ですが、ポットリミットオマハの場合
2ペアで強気で勝負しない事です。

テキサスホールデムの場合2ペアのエースや絵札で
けっこう勝てましたが、オハマの場合はあまり通用しません。

あとは、フラッシュとフルハウスの率が高くなりますので
その辺も注意するようになりました。

その結果少しずつ勝率が上がってきたようです。

あとは、勝ち逃げが一番ですね。

一人で買っているとみんなバンバンオールインして来るので
油断すると持っていかれます。

なので冷静に本当に勝てる時以外は乗らないようにしました。

オハマポーカーの場合は、役が揃うから面白いですよね。

オンラインポーカーのプロがたくさんいますが、
日本人でもいるみたいですね。

先日ネットでそんな記事を読みました。

その方は、オハマポーカーで何かの大会で優勝したみたいですが、
それもオハマポーカーだったようです。

しかもその方は、東大出身らしくやはり頭の使う
ゲームなんですよね。

これから日本でもパチプロや麻雀のプロみたいに
増えて来るのではないでしょうか?

3カードで2ペアに負けた

先日面白い現象があったので報告します。

私は酒を飲みながらオンラインポーカーをやるのが
毎日の楽しみになりつつありますが、その日も
いつものようにボロ負けでした。

負けているならやらなければいいのですが、
オンラインポーカーの虜になってしまったみたいで
やめれません。

まぁそんなに高額を賭けてプレイはしてないので
毎日のストレス解消と頭に体操ぐらいに思っています。

そんなある日いつもの様に酒を飲んで酔っていたのか
3カードで2ペアに負けたのです。

自分的には絶対にコールしたはずなのですが?

これはおかしいと思い酔っていたのもありますが、
JBETポーカーにクレームのメールをしました。

その日は、その後すぐに寝ましたが翌日起きて
メールを見ると返信が来ていました。

私がメールを出したのが午前1時すぎで返信は2時すぎ
でした。

対応早いなと思いながらメールを読むとどうやら
私がフォールドしていたらしいです。

記録画像も添付されて来ました。


酔ってプレイしていたので、コールとフォールドの
クリックを間違えたようです。

シラフの時にこのメールを読んで納得しました。

JBETポーカーは素早い対応でクレームに
対処して証拠も提出してくれたので納得です。

私のこの経験でJBETポーカーの誠実さが分かりましたので
ますますお気に入りのオンラインポーカーになりました。

しかし、戦歴は惨敗でまた入金しなくてはいけません。

酔ってプレイするとすぐオールインしたくなってしまうのが
ダメですね。

JBETポーカー 無料登録はここ

オマハポーカールール

オマハポーカーはテキサスホールデムポーカーとすごく似ているので、
まずはテキサスホールデムのルールを覚えてから覚えましょう。

オマハポーカーでは、プレイヤーは2枚ではなく、
4枚の伏せられたカードを受け取ります。

手元に受け取った4 枚のカードから2 枚、テーブルに置かれる5枚の
コミュニティカードから3枚を使って一番強い5 枚をそろえます。

ここで間違いやすいのが、例えば手元のカードが4カードで
AAAA エース4枚の場合でコミュニティーカードの5枚が
23456の場合に必ず手元のカード2枚とコミュニティーカード
3枚を使わなくては、いけません。

なのでこの場合の最強は、AA456のワンペアになってしまいます。

ここを勘違いすると痛い目にあいますが、よく初心者が間違いやすい所
なので注意しましょう。

私もはじめ手元に9の3カードの手がありコミュニティーカードに
A5889となったので9の4カードだと思いオールインした所
8の4カードに負けてしまいました。

ここで私の手は8と9のフルハウスだったのです。

これは、私の実体験ですが、他にもさまざまな事があると思います。

テキサスホールデムよりも役が揃いやすい反面少し
複雑になりますので注意が必要です。

常にそのゲームの最強の手を把握してプレイしなければ、
痛い目にあいますね。

ただ、オマハポーカーはテキサスホールデムよりもプロの数が
まだ少ないようなので、カモを見つければ勝てるチャンスも
高いですし、やはり役が揃うのでみんなけっこうバンバン
賭けてきます。

テキサスホールデムに飽きた人やギャンブル性を上げたい人など
戦略に自信のある人は、オマハポーカーにも挑戦してみては、
いかがでしょうか。

ちなみに私は、オマハポーカーだとカモにされてしまいます。

JBETポーカーでは、両方楽しめますのでおすすめですよ!

JBETポーカー 無料登録はここ

ポーカー用語を少しずつ覚えましょう

ポーカー用語は、けっこうありますので、少しずつ紹介していきますね。

ゲームが行われる流れを『アクション』と呼びます。

基本的にテキサスホールデムのアクションは
以下のものがあります。

「コール」
場の一番高い人に合わせて次のゲームに進むことを望むアクションです。

例えばなんですが、

Aさんが$100でアナタが$20しか場に出していない場合、
次のカードが見たいときは$100に合わせるために$80置きます。

チップを合わせることをコールと呼びます。

「レイズ」
参加するに必要な上限をアナタ自身で上げることです。

強いカードを持っている時にもっとお金が欲しいので、
強めにレイズすると良いでしょう。

これを逆手にとり、相手が弱そうだと判断したら
自分の手に関係無くレイズを仕掛けるのも戦略として有りです。

これをブラフといい日本でいうハッタリですね。

ブラフも上手く戦略で使う分には、いいと思いますが、
ブラフだけでは、痛い目にあいますので注意しましょう。

オールイン(All-in)
自分の持っている金額を全部ベットすることです。
ただし、相手が自分より少ない金額しか持っていない場合は
いくら相手より大きな額を持っていても、相手の持っている分だけで
勝負になります。
例えば、自分が$120 のオールインをして、相手が$90 しか持っていない
場合は勝った場合は$90 しかもらえません。
しかし、負けた時も失うのは$90 だけですので安心して下さいね。

「フォールド」
ゲームを降りることです。

それまで場に出した分のチップは返ってきませんが、
一番初め、場にポットを出す前の段階でアクションをすれば
ノーリスクでゲームを降りることが可能です。

「チェック」
大体コールと同じ意味です。

コールと違う点は、例えばAさんが$50でアナタが$50出し、
次のカードをめくります。

そこで自分が望んだカードと異なったAさんは”チェック”をします。
アナタも”チェック”をし、全員がチェックをした場合は次のカードをめくります。

これが基本的なテキサスホールデムのアクションです。

最低限これぐらいの用語を覚えれば、プレイを楽しめると
思いますので難しく考えずに覚えましょう。

これを行い、最終的に場に5枚カードがめくれ、
チェック成立し勝負をした時、勝敗が決します。

もちろんそれまで行かず、全てのプレイヤーがフォールドした場合は
残った一人の勝利になります。

それぞれのアクションがありますが、
簡単にまとめると、

参加するか降りるの大きく2択になります。

これだけ見ると「難しそう」と感じてしまいがちですが、
ルールは至ってシンプルです。

手札や人数、ポジションなどなど、
あらゆる状況に応じて打つ手を変えていく
というのが、ポーカーのおもしろいところです。

事実、ポーカーは一度覚えてしまうと、
そのほとんどが虜になります。

なので、いま日本では、そうでもありませんが、
世界中で大人気になっているわけです。

インターネット上でもオンラインポーカーを
プレイできるところはたくさんあるので、
まずはかるい気持ちで遊んでみると良いと思います。

JBETポーカーは、数あるオンラインポーカーの中でも
日本人のプレイヤーがたくさんいるし、

チュートリアルなどもあってわかりやすく
プレイしながら覚えることができるので
お勧めのオンラインポーカーです。

是非一度プレイしてみてくださいね!

JBETポーカーはこちらから☆
JBETポーカー 無料登録はここ

オハマポーカーでボロ負け

資金が残り20ドルほどになってしまいましたが
オハマポーカーでガンガン攻めたところ
ボロ負けしてしまいました。

資金がなくなってしまいましたので、また、
100ドル入金する事にしました。

ここからまた、オハマポーカーをやりましたが、
やはり勝てません。

オハマポーカーの情報商材は2度読んだのでもう読む気にも
なりません。

ここは、一発逆転を狙うためにカジノでジャックポット付きの
スロットをする事にしました。

結果惨敗でJBETポーカーのジャックポット付きのスロットは、
一度の賭け金が高く3ドルとかで、なくなるペースが
めちゃくちゃ早いですね。

JBETポーカーのジャックポット付きのスロットは、お世辞にも
ちょっとおすすめする事ができなくなりました。

結局マイナス50ドルを10分ぐらいで溶かしたしまいました。

カジノのスロットならワイルドジャングルがおすすめですね。

全然遊べます。

やはり、JBETポーカーでは、オンラインポーカーがメインですね。

他のもルーレットやブラックジャックもありますので
そちらは、おすすめできますが、ジャックポット付きのスロットは
私の実体験からおすすめ出来ませんでした。

あとは、やはりテキサスホールデムでは、そこそこ勝てる事です。

私の場合短気なので一番低いレートでのテキサスホールデムは
イライラするのですが、やはりここが一番勝つ確率が高いみたいです。

しばらくは、他のゲームをするのを辞めて、テキサスホールデムのみで
いこうと思いました。

しかし本日の負けは痛い。

ジャックポット付きのスロットでおすすめのワイルドジャングルは、
下にリンクしますね。
ワイルドジャングル登録はここ

オハマポーカーの情報商材

先日オハマポーカーで散々な目にあったので
オハマポーカーの情報商材を購入してみました。

値段は4980円で11月4日に販売終了とのことで
慌てて購入です。

販売が終了しているので商材の名前は伏せますが、
読んでみましたがさっぱり分かりません。

専門用語が余りにも多すぎて意味不明
2度読み直しましたが、オハマポーカーは複雑すぎます。

その教材では、カモの見つけ方をメインに教えていますが、
読むとそのまんま自分に当てはまっていました。 笑

それだけは、すごく勉強になりましたが、
オハマポーカーはやはり難しいなとも思いました。

ただ、オハマポーカーの方がやはり役が揃いやすいので
降りる人も少ないので、ギャンブル性はありますね。

一番安いレートでも、みんなバンバンかけてきます。

テキサスホールデムもレートが上がればけっこう
そうなりますが、オハマの場合は、一番安いレートでも
そうです。

本日の実践結果も散々な結果になってしまいました。

オハマポーカーの一番低いレートで約20ドルほど負けて
テキサスホールデムの少し高いレートでも20ドル負けました。

商材でも確か書いてありましたが、絶対やってはいけない事で
低いレートで負けて高いレートで取り戻そうと思わない事ですね。

私自身実体験でやってはダメな部分を経験してしまいました。

徹夜オンラインポーカー

昨夜からテキサスホールデムをJBETポーカーでプレイしていたら
ロイヤルストレートフラッシュを炸裂しました。

自分では、普通のフラッシュだと思っていたので、
画像の写真を取れなかったのが非常に残念で仕方ありません。

前半は、そんな感じで調子よくとうたる10ドルぐらいプラスでした。

ところが、先日とあるブログの記事で、オハマポーカーには、
カモが多いと書いてありオハマポーカーのルールを勉強していました。

オハマポーカーのルールはまた、違う機会に紹介しますが、
簡単に説明するとテキサスホールデムは、初めに2枚のカードを
配られますが、オハマポーカーは4枚になります。

テキサスホールデムよりも少し複雑になりより強い手が
作りやすくなります。

私は、オハマポーカーを初めてやるのですが、たまたまオハマポーカーの
一番低いレートが空いていなかったので下から2番目のレートの
席につくことにしました。

0.02/0.04と表示されている席でカモがいるのかわくわくしながら
プレイをしたところ初めに4ドル手持ちからスタートで
いきなりエースこみのフラッシュが成立したのでラッキーと思い
ジワリジワリレイズして4ドル全部かけました。

絶対勝つと思ったのですが、あっさり低めのフルハウスで
負けてしまいました。

ここで私に火がついてしまい冷静さに欠けてプレイぞくしつ!

気かついたら朝の6時でした。

ワインを飲みながら徹夜オンラインポーカーをしてしまいました。

しかもマイナス50ドルです。

まさにミイラ取りがミイラ状態でカモを探しに行ったのに
カモにされてしまいました。

よくリアルカジノでプロポーカープレイヤーが酔っ払った
金持ちをカモにすると聞いた事がありますが、
私は金持ちではありませんが、カモにされてしまいました。

オハマポーカーの場合テキサスホールデムよりも複雑だから
頭もクリアにしてプレイしないと痛い目にあいますね。

JBETポーカーでも勝てました

エレベストポーカーが日本語対応しなくなったので、
先日JBETポーカーに100ドル入金しました。

1時間ほどプレイして6ドルちょっと勝ちました。

JBETポーカーでは、6人席と9人席があります。

細かい事はあまりまだ、理解していませんが、
席に座ると多分場所代で0.5ドルぐらい徴収されるみたいです。

プレイヤーには、2ドルだけ持って席につきます。

高いレートがあるのかは、分かりませんが、今の所多分
全部同じレートのようで、初めに降りても0.02ドルなので
良いカードが来ないと勝負しない人が多い印象です。

実際プレイしてみるとやはり、テキサスホールデムは
面白いです。

勝ったり負けたりして、一時マイナス5ドルぐらいまで
いきましたが、なんとか持ち越しプラス6ドルぐらいに
なりました。

今日は、6人席でプレイしたのですが、やはり人数の多いほうが
最終的にお金も集まりやすいのかな?

一人2ドルでみんなで競れば、1プレイで10ドル動く事もありますので
なかなか熱いゲームができますね。

JBETポーカーは、カジノもありますので今度カジノもやってみようと
思います。

JBETポーカー 無料登録はここ

こちらが証拠画像です。

    • オンラインカジノランキング